一戸建てを買うなら大きな夢を持ちましょう

最初に一番重要視したのは、複数の注文建築会社からチョイスすることでした。
私の場合、幸運にも親戚に一級建築士がいたので、すべて一貫して頼みました。

さて、発注業者のチョイスです。じっくりと2、3社見積りをとり、家族に見合う会社を選定します。そして、その会社が信頼できるかを判断します。

業者が決定したら着工です。その時に大事なのは基礎です。
私の場合、2階建てでしたが、4階建てでも建築可能な基礎でした。基礎は、一階分の基礎で、深さは5メートル位でした。
基礎がしっかりとしていますと、隣に高層ビルが建ったり、また、地下鉄が通っても安心です。長く住める家にしましょう。

外観は皆さん見栄えのいい方がいいことにこした事はないですね。でも、俗にいう籔医者の玄関では仕方ありません。門構えは立派ですが、中身は空っぽでは困ります。

さて、中の間取りですが、例えば、お風呂場を例にとりますと、実際の大きさを描いてみることです。
描く場所がなければ、巻き尺とタオルを持って公園に行ってもいいでしょう。そこで、実際、石ころで、理想とする大きさの枠を描きます。そして、実際にお風呂に入ったつもりで、タオルで背中を洗う動作をします。もちろん、風呂釜の部分が除いてです。そして、洗える余裕があれば、その広さが理想です。他の間取りも当たってみましょう。

やはり一番大事なのは、首都圏か郊外かですね。
首都圏ですと、通勤、買い物等も便利ですが、建築費用がどうしても膨らんでしまいます。反対に、郊外だと、庭付きでお手頃価格で手にはいります。そのかわり不便です。
通勤時間が1時間以上かかったり、コンビニまで車でないと行けないとか。その辺を顧慮して取りかかりましょう。

購入業者ですが、これは本当に私が経験したことですが、工務店と言っても個人経営で、社長兼大工です。図面を用意してきたかと思うと、そうではなく、こちらで、大学ノートを出して、鉛筆でメモ的に間取りを書いて、これでいかがですかと説明します。これは、言語同断ですね。そういう個人工務店は除外しましょう。
やはり、大型工務店がいいですね。メリットはアフターサービスがよく、不具合な場所が出てきた場合、信頼の置ける業者を紹介していただけます。料金もリーズナブル価格です。最終的に、人間同士の付き合いですからね。

PR|あきる野市で建てる戸建ての注文住宅|

コメントは受け付けていません。