注文住宅で建てるからこそ子供部屋の工夫

わが家は注文住宅で家を建てています。強いこだわりがあって注文住宅を選んだわけではありません。単純に知り合いの工務店で建てたので、結果として注文住宅になったのです。

しかしまあ、注文住宅で建てるからこそこだわろうと思ったところがありますね。そのひとつは、子供部屋です。子供部屋って、ずーっと使うものではないじゃないですか。子供は独り立ちするものです(というか独り立ちしないとマズイかな)。

ですから独り立ちした後の部屋のことを考えなくてはならないと思ったわけです。だって子供が独り立ちした後に空き部屋がずっとあるのって嫌じゃないですか。ですから工務店の設計士さんと話して、子供部屋にちょっとした工夫をしてもらったのです。

まあなんのことはなく、子供部屋の壁を簡単に取っ払えるようにしてもらったのです。引き戸タイプのパテーションとでもいいましょうか。それが子供部屋のスペースをぐるりと囲んでいるのです。ですから子供が巣立った後には、パテーションを取り外してだだっぴろく部屋を使えますしね。そしてお客さんがきたら壁で仕切って、即席ゲストルームが完成ですよ。そういった工夫ができるところが注文住宅で建ててよかったところでしょうか。

コメントは受け付けていません。